So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

プロ失格

 このところ、忙しくて力尽きた。

 なので、エッセイを書く暇もないほどであった。本当は、どんな状況においても、エッセイを書かないといけない。それが、プロだ。そんな思いとは裏腹に、書けなかったのである。

 こんなことは、許されないのである。個人的にも悔しい。情けないことに、エッセイを書こうとパソコンを開くも何も思いつかない。それに加えて、疲れが怒涛のように押し寄せてきた。結局は、なるべく、体力を温存しようとして、エッセイを書かないことにした。

 しかし、そうは言ってもプロを目指すのならば、どんな状況においても、〆切は待ってはくれないので、それを考えると、まだまだ、僕はアマチュアである。これからは、こういったことのないようにしていきたい。

nice!(0)  コメント(0) 

本気で取り組む

 これからは、エッセイ以上にイラストを描くことを頑張る。

 今までは、イラストを描くのは好きなだけで、本気で取り組んではいなかった。趣味で描いていたのだけれども、こうして、毎日描くようになってきたら、エッセイと同様に、シュールな笑いを追求してみたくなったのだ。

 そして、今まで以上に、真剣にイラストに対して対峙していこうと思っている。下ネタや、今まで経験したことをイラストにしてキャッチコピーをつけて描いている。不謹慎だと思われる方もおられるだろう。それでも、構わないから描き続けていけば、僕の描くイラストを楽しみにしている人も出てくるだろう。

 それを、糧にしてイラストを描いていきたい。エッセイも同様に頑張って書いていきたいと思う。さて、明日は休日出勤なので、この辺で失礼します。

nice!(0)  コメント(0) 

救済の道

 今、出来ることをやるしかない。

 それが、たとえ辛い日が続いていたとしてもだ。ただ、そういった辛い時を乗り越えた時に、感じられる幸福を感じられることである。止まない雨がないように、いつかは、雨が降りやむのである。

 そんな気持ちを抱いていると、多少、辛い時やしんどい時などは、軽く乗り越えられる。これは、僕が感じている気持ちだ。それまで、精神的に疲弊していたら、何かしら言い訳を見つけては休んでいた。

 やがて、自分自身対して言い訳をしないようにしていると、まるで、重たい荷物を下ろすかのように、軽やかな自分がいることに気が付いたのである。がんじがらめに絡まっていた糸がほぐれて、ようやく本来の自分になれたことを感じるのである。

 未来を見据えて、地に足をつけた生活を送ることが大事である。そういったことを心がけて生活していれば、いずれ目標が叶うことになる。僕は、エッセイストとして生活出来るだけの収入につながることを確信している。

 ただの夢物語には、終わらせたくはないので、僕は、どんな手段でも選ばない覚悟出来ている。要するに、覚悟があるかないかだけである。一度、覚悟を決めたら、そのまま、道を真っすぐに進むだけである。

 そういった気概を持つことによって、僕は、救済の道へと進むのであった。そのことに気づいたことを感謝の念を抱きながら、今後、生活を送っていくことだろう。決して、道半ばで諦めることのないようにしていきたい。

nice!(1)  コメント(0) 

目途がつく

 やっと、バイクの購入が出来る見通しがたった。

 今月の給料が、思っていた以上にあったので、それとプラスアルファで、今月の貯蓄が出来る。来月も、今月以上に残業をしているので、もっと、給料があるだろう。それを、見越して、来月の15日以降に、バイクを納車してもらおうと考えている。

 徐々に、新しい仕事にも慣れてきた。あとは、出来るだけ、無駄遣いをしないようにしてくだけだ。何かしら目標があれば我慢できる。そして、バイクが手に入れば、色々なところに出かけていきたい。

 近場で言えば、六甲山である。20代のころは、頻繁に六甲の夜景を見に行っていたものだ。それを、久しぶりに夜景を見に行きたいと思っている。あとは、姫路城だとか、生野銀山などにも出かけたい。

 夏になれば、日本海にある竹野海岸に行きたい。別に海水浴はしなくてもいいので、あのきれいな海を久しぶりに見て、写真を撮りたい。六甲の夜景も写真を撮りたい。色々なことを想像するだけで嬉しくなってくる。

 それが、あと、もう少しで現実になるので、仕事も頑張っていけるだろう。それと同時に、エッセイを書きためていきながらやっていきたいものである。もう少し、余裕が出来れば、スポーツジムにも通いたいと思っている。

 この、典型的な中年太りから脱却したい。そのためにも、お金が必要なので、毎月、一定以上の金額を貯蓄していければと考えている。今年は年男なので、目標を達成していきたいと思う。

 そして、もっとも、僕が重要視しているのは、今年の10月に発売するエッセイの単行本である。発売するのがゴールではなくて、販売部数を伸ばすことが僕にとっての大事なことである。

 結果を出すことを最優先にしていきたいと思っている。だから、日々のモチベーションを保てていける。たまに、うつ状態になるときはあるけれども、それでも、頑張って乗り切っていきたいと考えている。

 病気だから出来ませんでしたとは口が裂けても言えない。自分自身に対して言い訳をしないようにしていきたい。だから、そういう時にこそバイクが活躍するのである。特に行く当てもないまま、飛ばしていきたい。

 日々のルーティンを大切にしていきたい。それが、僕が成功していく近道なのだから。

nice!(0)  コメント(0) 

本意ではない

 昨日も真夜中に目が覚めた。

 何もなかったけれども、全身がまるで凍り付いたかのように、ゾクゾクと悪寒が走った。僕には、俗にいう霊感などはないけれども、誰かに見られているような感覚を抱く。睡眠薬は効いているはずなのに、それでも、眠気が来ない。

 仕方がないので、睡眠薬が効かなかった場合に処方されている頓服を服用して、思いっきり、布団をかぶって眠ったのである。僕が考えているのは、やはり、事故物件だからなのではないのかと思ったりもする。

 しかし、基本的には、そういった怪奇現象は信じないので、気のせいだと考えている。だが、こう続けて不可解な現象に悩まされるのはしんどい。科学では説明できない事柄などはないだろうと考えてはいるものの、あまり気持ちのいいものではない。

 なので、この2日間は睡眠不足になっている。そのおかげで、今日の仕事中にどうしようもない眠気に襲われてしまい、思わず、寝ぼけながら仕事をしていたのだ。ほんの少しだけでも、気を抜けばそのまま崩れ落ちそうになっていた。

 このままだと、仕事に支障をきたすので、今日は、何事が起きても、そのまま寝てしまおうと考えている。それが、上手くいくかどうかは分からないけれども。心のどこかで、こういった怪奇現象が起こるのは想定内だと考えているのではないのかと思ったりもする。

 こういった具合に、怪奇現象を信じていないという割には、気になるのが正直な気持ちである。そうなれば、神主に頼み込んで、お祓いをしたりしてはどうかとも考えてみたりもする。

 だけど、そういったものは、自己満足にすぎないので、実際に、そういった怪奇現象がおさまるとは思ってもいない。やはり、過剰に神経質になっているのではないのかと思っている。

 こうなれば、持久戦である。怪奇現象がおさまるのか、僕がへこたれるかどうかの問題だ。いくらお気楽でぐうたらな性格の僕でもこれ以上はないくらいの現象に悩まされるのは本意ではない。

 しかし、こういった現象にあっているということを、こうして文章にして書いていくので、少しは気持ちが晴れる。そうでもしないとやっていられないとうのが本音である。今晩は、何もないことを願って眠りにつこうと思う。

nice!(0)  コメント(0) 

波乱の幕開け

 昨日は、疲れ果てていたため、何もしないと決めた一日であった。

 録画していた、映画のカメラを止めるなを見てから、さくらももこのエッセイを読んだりして、それから、布団に入り、惰眠をむさぼったのである。おかげで、疲労はとれた。

 昨夜、奇妙な現象に逢った。それは、真夜中に、僕のマンションのドアをこんこんと叩くような音がしたのである。これには、驚いた。何故なら、僕が住んでいる部屋は事故物件なので、一瞬だけではあるが、凍り付いた。

 そして、勇気を出して、思い切ってドアを開けたら、何もなかったので、そのまま、眠りについた。ところが、悪夢を見てしまった。内容は忘れてしまったけれども、起きた時には、ぐったりとしていたのである。

 それにしても、これから、何か奇妙な現象に遭遇するかもしれない。その時は、思い切って、対処していきたいと思う。それにしても、波乱の幕開けとなった今週である。何か、悪いことが起きなければいいのだけれども。

nice!(1)  コメント(0) 

夢の途中

 やっと長い1週間が終わった。

 今日は、休日出勤がないので、これでホッと一息つける。でも、やらないといけないことが、山のようにある。まずは、図書館で借りてきた本を読み、昨日、録画していたダウンタウンなうと、カメラと止めるなを見ないといけない。

 そして、エッセイを書いたり、イラストを描いたりしなければならない。これは、これで嬉しい悲鳴である。休みなのに、一歩も外を出ずにゆっくりと過ごす予定である。もし、バイクがあれば、ツーリングに出かけるのにと思いながらも、もう少し先の話になる。

 出来れば、4月中に購入したいのだけれども、それまでに、お金が貯まるのかが、微妙である。早くても4月遅ければ5月か6月になってしまう。それだと、梅雨に入るが、それにも負けずにバイクに乗っていきたいと思う。

 通勤にも使いながら、休日にはツーリングをしていきたい。いずれは、大型二輪の免許を取得したいと思うので、それまでは、バイクを自由自在に操れるようになっておきたい。それから、自分が、最終的に欲しいバイクを新車で購入できるように稼いでいきたい。

 そのころには、僕は、プロのエッセイストになっていれば言うことはなしである。今後の展開としては、エッセイを書きためて行き、そして、イラストも、毎日描いていき、インスタや、Twitterで、たくさんのいいねを貰えるようにしていきたい。

 まだまだ、夢の途中である。さて、夢を成就出来るように、日々精進していきたい。

nice!(0)  コメント(0) 

ローマは一日にして成らず

 仕事が終わり自宅に戻ると忙しくなる。

 まずは、エッセイを書く。そして、今日から本格的にイラストを描くこととなる。今日の分は、大体、構想が練りあがっているので、あとは描くだけである。それから、録画していたドラマを見て、シャワーを浴びて一息つけば寝るだけになる。

 エッセイを書くのは、大体、1時間くらいかかる。たまに、エッセイの神様が下りてきたときには、30分もあれば書きあがる。そういったのは稀なのだ。だから、書きあぐねると1時間があっという間に過ぎて2時間くらいかかる時もある。

 イラストを描くのも、構想が決まっていれば、こちらも1時間くらいで描ける。しかし、こちらも、構想が決まっていなければ、そこから、考えないといけないので、こちらも、キャッチコピーも考えながら描かないといけないので、2時間以上はかかってしまう。

 そして、録画していたドラマを見るのも、約1時間かかる。すんなりといっても、3時間はかかる。なので、昼勤でも夜勤でも帰宅するのは、大体7時半過ぎであり、それから、10時半すぎまで、ゴソゴソとしていたら、シャワーを浴びたら、もう11時半過ぎになってしまう。

 そうすると、早く寝ないといけない。大体、12時過ぎに就寝して4時半に起きる。睡眠時間は、平均すると約4時間ほどである。せめて、6時間くらいは睡眠時間を確保したいと思っているが、中々、上手くいかないのが現状である。

 まぁ、好きでやっているので、やらされているわけではないから苦にも思っていない。逆に充実した時間を過ごせていると思っている。これが、本業になれば言うことはない。その日が早く来ることを願うだけである。

 それを実現可能にするためには、コツコツと努力をしていかないといけない。ローマは一日にして成らずだ。一歩一歩確実に歩んでいくことが出来れば、必ずや道は開けるだろう。

nice!(0)  コメント(0) 

ケミストリー

 これからは、自分のやりたいことだけをやっていきたい。

 自分がして嫌なことは出来るだけやらずに、自分のしたいことを追求していきたいと考えている。例えば、エッセイを書くのはもちろんであるが、これからは、イラストを描いたりして、それに、キャッチコピーを付けて、インスタにupしたいと考えている。

 毎日、1枚はイラストを描いていきたい。もともと、イラストを描くのは好きなので、下手の横好きなのかもしれないが、自分の感性を磨くためにやっていきたいと考えている。それと、同時にそのイラストに対して、キャッチコピーを書いていき、シュールな笑いを追求していきたい。

 エッセイも、イラストも、キャッチコピーを書くのも、自分が好きな分野なので、頑張って行きたい。そして、日々、更新することによって、まるで化学反応が起こるみたいに、新たな、自分が見つかるかもしれない。

 そのことを期待して、改めて、自分がしたいことをするという決意が固くなった。そのためには、イラストを描くために必要な道具をきっちりと揃えていきたい。ある程度、自分の中で、構想が出来上がっている。

 あとは、それを具体化するだけである。自分にしか描けないイラストがあるはずだから、試行錯誤をしながら、日々、更新していきたいと考えている。毎日、イラストを描いて、キャッチコピーを付けるのは、かなり、体力もいるし、知力も必要となってくる。

 そのためには、あらゆる角度から情報収集をして色々と知識を培っていければと考えている。自分のしたいことをとことん追求していきたい。そのためには、睡眠時間を削ってでも、やっていきたい。その努力が、今後、生きてくると考えている。

 今の時代、自分独自の視点で描いたことをSNSなどで発信することによって、どこから、ビジネスに繋がるのかは分からない。敢えて、ビジネスに繋がるということは考えずに、面白さを追求していき、その結果として、ビジネスに繋がればいいと思う。

 僕の根底に流れているのは、シュールな笑いが好きだということである。それを、自分で表現していきたいと思っている。これからは、いろんな分野で表現者として生きていきたい。それを、追求していければ、必ずや、結果として反映されていくだろう。

 自分なりのスタイルを確立していくことが必要である。そのための努力を惜しまないようにしていく。さて、今後の展開に期待と不安を抱きながら、毎日、楽しんでやっていきたい。人を楽しませるためには、まずは、自分が楽しむことが必要だ。そのこと意識しながら、日々を過ごしていきたいと思う。

nice!(1)  コメント(0) 

恥ずかしがらずに

 英会話を学びたいと思っている。

 きっかけは、テレビでCM放送されているイーオンの10回お試しのコースを受けてみようと考えたりしている。やはり、今の時代は、最低限でも英会話が出来なければ話にならない。

 新婚旅行で訪れたハワイが、とても素敵だった。その時に感じたのは、ハワイで暮らしたいと心の底から感じたものである。学生時代は英語が苦手教科であった。文法もまともに学んでいなかった。

 ところが、数年前に無料の英会話教室に通うきっかけがあった。そして、通っていくうちに感じたのは、片言の英語でも伝えようという気持ちがあれば、何となく、僕が言いたいと思っていることを、アメリカ人の教師は汲み取ってくれていることが分かった。

 逆に考えてみればわかることだが、例えば、アメリカ人が片言の日本語で話しかけられても、何を言いたいのかを想像出来て、分かりやすい日本語で話をすればコミュニケーションが取れるのである。

 だから、僕は英会話を本格的に学びたいと思っている。そして、今回、イーオンの10回お試しコースを受講したいと考えたのである。もちろん、それ以降は、もっと、お金がかかるだろう。

 それでも、いくらくらいなのかを聞いてからで、あとから結論を出せばいい。何もせずに、悪戯に時間ばかり経っても仕方がないので、まずは、行動を起こさないことには、結果は出ない。なので、これから、いくらくらいかかるのかというのと、仕事が終わる時間とのことを考えなければならない。

 とにかく、肝心なのは行動を起こすことである。迷っているのならば、まずは、飛び込むことが必要である。最終目標としては、英会話が出来ればいいと思っている。なので、英語の教師になるわけではないので、文法などを気にしないで、英語でコミュニケーションが取れればいいのである。

 日本語でも、日常会話では、文法など意識などせずに話は出来る。日本人は、義務教育があるので、基本的には、読み書きが出きる。ただ、アメリカなどは、会話が出来ても、読み書きが出来ないという現状もあるのも事実である。

 分かりやすいのは、トム・クルーズは、英語の読み書きが出来ないということは、本人もカミングアウトしている。彼は、読後障害があるので、映画でのセリフは、代読してもらって覚えているということである。だから、必要以上に、文法が大切とは言えない。

 とにかく、英語でコミュニケーションが出来ればいいのだから、間違っても恥ずかしがることはない。逆に言うと、間違ってからこそが始まりなのである。恥ずかしいといった気持ちを持たずに、頑張ってみたいと思っている。

nice!(1)  コメント(0) 
前の10件 | -